塾代が高い、将来が築ける子供の勉強

自主勉強ノートの作り方、おすすめは間違い直し用「小・中学生」

机で勉強する女子高生

自主勉強を何したらいいのかという悩みを、解決しましょう。

今回は、ドリルや問題集の間違い直しを自主勉強とする方法です。

学力アップにもとても有効なので、是非やって頂きたいです。

また普段の間違い直しの悪い所も一緒に紹介しますので、

あなたの直し方を、見直してみて下さい。

本当に効果がある間違い直しとは

丸付け

最初に、間違い直しを上手にできていない子や親が多いので、

正しい間違い直しについてお話しします。

 

よくやってしまいがちな間違い直しは、

間違えた問題の答えだけを書き直して、解ったつもりでいる。

このような直し方では、ちっともできるようにはなりませんよね。

例えば算数なら、その問題をどのように解くのかを理解することが勉強であるのに、答えだけを直して、途中の式を書いていないってことです。

また同じとこで間違えてしまいます。

 

親が丸付けをするときにも同じです。

間違えた問題に、「✓」だけではなく、答えまで書いてしまうことです。

または、間違いを教える時に答えを教えてしまうことです。

子供には解き直させないと、いけません。

何故間違えたのか、どうしたら間違えなくなるのか

頭に?の中学生の男女

勉強ができる子と、できない子の違いは、間違い直しにも出てくるんです。

勉強ができる子は、ドリルや問題集、テストなどで間違いがあった時、以下の様に意識をしています。

 

「何故間違えたのか」

「次からは、どうしたら間違えなくなるのか」

 

実は間違えた時は、チャンスなんです。

しっかりと間違い直しをすることで、より頭に定着させやすいんです。

間違えたことは記憶に残りやすいんですね。

だから、答え合わせや間違い直しを疎かにしないで、意識しながら行ってくださいね。

 

勉強は「できない」を「できる」にすることです。

ですので間違い直しは、学力アップに一番近い勉強方法の一つです。

間違い直し専用ノートを自主勉強ノートにする

ノートと鉛筆

今回のテーマでもある、自主勉強ノートの作り方です。

  • 自主勉強のネタがない。
  • 何をしたらいいのか分からない。
  • どうしたらノートを埋められるのか。

などといった自主勉強に関する悩みが結構多いんですよね。

でも、ただ上記のような悩みを解決するだけの方法では、せっかくの勉強の効果がありません。

  • ノートをただ、ちゃちゃっと埋めてしまいたい。
  • 早く終わらせたい。
  • やることを考えるのが面倒。

このような気持ちが見え隠れしているのが解ります。

 

そこで、効果的な自主勉強になるように、間違い直しと自主勉強を組み合わせてみましょう。

 

自主勉強についてはこちらの記事もおすすめです。
【自主勉強オススメの方法】質と効率が良く、実績も高い(小中学生)

効果のある間違い直しをするには別のノートにする

キラキラ勉強するヒヨコ

大半の人が、間違い直しは、

間違えた問題の横や、同じノートにやっています。

それを別のノートにやるようにしましょう。

 

間違い直し専用のノートを作るんです。

そして、そのノートを自主勉強として学校に提出すればいいんです。

つまり間違い直しノートが自主勉強ノートということです。

 

この間違い直しを別のノートにすることは、凄く効果的なんです。

まず、先ほど言いました、答えだけを書き直すといった、ダメな直し方をしなくなります。

仕切りしにもなりますので、間違い直しに意識的に取り組むことができます。

 

凄く学力がつく自主勉強となるはずです。

 

つぎは、どのように間違い直しをするのが良いのか、ポイントを紹介します。

効果的な間違い直しのポイント

虫眼鏡をのぞく女性

自主勉強ノートに間違い直しをするとき、解き直すだけでは、より良い間違い直しとは言えません。

すこし自主勉強らしく工夫を入れましょう。

 

  • 途中式も書く

計算問題であれば、途中式を書くことは重要です。

間違えた原因として、途中式を書いていない、しっかり書けていないと言うことが多いです。

面倒に感じることですが、これが原因なので、途中式はしっかりと書きましょう。

答えを導き出すまでの過程が大事なんです。

 

  • 問題文も書く

文章問題であれば、その問題文も書きます。

どういった問題で、どんな解き方や公式が必要であるかがノートを見ても解るようにしておきます。

問題文、式、途中式、答えはセットです。

教科書片手に指を立てるウサギ先生
  • 答えの根拠も

なぜそういった答えになるのか、なぜそういった計算をするのか、

その理由や根拠、考え方を書き加えておきます。

上記の二つと合わせて、どんな問題を間違えたのかが分かるようにします。

 

  • 漢字は、間違えたのを強調

漢字の間違い直しであれば、間違えた漢字を強調するように丸で囲ったり大きく書いたりして、意識づけします。

ただ間違えた漢字を繰り返し書くようなやり方にしないで下さい。

どこを間違えやすいか、読み仮名、送り仮名、熟語なども合わせて書き出して、覚え直しましょう。

書いて、見て、声を出して、聞いて、色んな感覚を使って覚えるのがコツです。

一生懸命勉強するパンダ
  • 注意点もまとめる

問題文、途中式や過程、答えだけではなく、注意するべきポイントを書き加えておきましょう。

漢字であれば「はね、とめ、はらい」やよく間違える部分。

算数であれば、勘違いしていた部分を書きだしたりします。

 

  • 考え方を図で表現する

文章問題で、計算式を書くときなんかは有効です。

文章を読んで理解するのに、目でもわかるようにしてあげるんです。

それには、図として考え方を表現します。

どんな計算が必要なのかを図にするということです。

 

  • 社会や理科で地図やイラストを描くときは、覚え方も書く
    頭文字や語呂合わせなど

社会や理科は記憶系の問題もあります。

地図や、生き物の各部の名前だったりがあります。

イラストを描いて、答えを書きますが、その覚え方も一緒に書きましょう。

例えば年号を覚えるときに、語呂合わせで覚えたりしますよね。

それをノートにもちゃんと書いておきます。

頭で覚える、手で書いて覚える、それを目で見て覚える。

先ほども出てきましたが、色んな角度から覚えることで強く記憶に残ります。

それをノートに書きだすことで可能になるんですね。

最後に

自主勉強のノートづくりに悩んだら、是非この間違い直しノートを作ってみて下さいね。

間違い直しをしっかりすることで、学力も確実に上がっていきます。

 

ちゃんと直せば、できなかったのが、出来るようになるんですから。

しかも自主勉強のノートも出来上がっちゃうんだから一石二鳥ですね。(笑)

おすすめですよ。

【関連記事】
【学習振り返りの効果】小学生の勉強は間違い直しが間違っている

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

積み重ねた本

小学生におすすめ自宅学習教材は本当にいい?無料で試すのが正解だ。

塾代が高い

市販ドリル、本当のおすすめは何?小・中学生に合った勉強方法

ノートと鉛筆

【自主勉強オススメの方法】質と効率が良く、実績も高い(小中学生)

鉛筆と紙と消しゴムを前に頭を抱える人

自主勉強が楽にできるのに、学力が確実につく方法

キラキラ勉強するヒヨコ

小・中学生の宿題以外の勉強は何してる?おすすめ方法や学習時間は?

怒る子供

数学やってるとイライラする中学生。解決方法は自宅で15分